1. SOLIDWORKS
  2. Mechanical Design(CSWP–Mechanical Design)
シェア

Mechanical Design(CSWP–Mechanical Design)

Certified SOLIDWORKS Professional(Mechanical Design)

CSWPは、SOLIDWORKSソフトウェアの複雑多様なフィーチャーを使用して、パラメトリック部品や可動アセンブリの設計および解析を行う技術を持つことが証明されます。

試験を受ける サンプルCSWP試験(PDF)

推奨トレーニング コース

SOLIDWORKS Essentials、SOLIDWORKS Drawings、Advanced Part Modeling、Advanced Assembly Modeling

注記

試験を受けるには、SOLIDWORKS 2015以降が必要です。これよりも前のバージョンでは、一部のテスト用ファイルを開くことができません。

アクセスするにはログインが必要です。完全なアクセスには、サブスクリプション サービス契約が有効である必要があります。

試験時間

3時間20分(3つのセグメントの合計)

合格ライン

詳細は以下を参照

試験について

合格者全員に電子認定証と名刺用ロゴを差し上げます。また合格者の名前はCSWEディレクトリ*に掲載されます。ディレクトリで表示されるようにするには、オンライン認定アカウントでこのオプションを設定する必要があります。

現在リリースされているCSWP試験は、3つのセグメントに分かれています。この新しいシステムでは、すべてを一度に受験する必要はありません。各セグメントはいつでも、どの順序でも受験でき、3つ連続で受験することもできます。1度合格したセグメントの再受験は必要ありません。合格できなかったセグメントは、あとでそのセグメントのみ購入して再受験することができます。3つのセグメントすべてに合格すると、CSWP認定証が発行されます。

試験では、次の分野から践的な知識が問われます。

セグメント1:(70分 – 105点中75点で合格)

  • 図面を参照し部品を作成する
  • リンクされた寸法や関係式を使用してモデリングに役立てる
  • 関係式を使用して寸法を関連付ける
  • パラメータや寸法のサイズを更新
  • 質量特性の分析
  • 最初の部品のジオメトリを変更し、より複雑な部品を作成する
  • 設計意図や他の全寸法を維持したまま異なる段階で部品のパラメータを変更する

セグメント2:(50分 – 104点中77点で合格)

  • 他のコンフィギュレーションを利用して新しいコンフィギュレーションを作成する
  • コンフィギュレーションを変更する
  • 設計テーブルを使用したコンフィギュレーションの作成
  • 質量特性
  • 既存のSOLIDWORKS部品のフィーチャーを変更する

セグメント3:(80分 - 109点中77点で合格)

  • アセンブリを作成する
  • アセンブリに部品を追加する
  • アセンブリ内で部品を動かしたときの衝突検知を実行する
  • 干渉検知
  • 標準合致と詳細設定合致
  • サブアセンブリを挿入する
  • アセンブリ内の部品を別の部品に置き換える
  • 座標系を作成する
  • 座標系を使用して質量特性を実行する

試験に出題される可能性のあるSOLIDWORKSの標準的なツールには、次のものがあります。

  • スケッチ エンティティ - 直線、矩形、円、円弧、楕円、中心線
  • スケッチ ツール - オフセット、変換、トリム
  • スケッチ拘束
  • 押し出し、回転、スイープ、ロフトのボスおよびカット フィーチャー
  • フィレットと面取り
  • 抜き勾配
  • シェル
  • 穴ウィザード
  • 直線、円形、およびフィル パターン
  • リンクされた寸法
  • 関係式
  • ミラー
  • 寸法
  • フィーチャーの状態 - 開始条件と押し出し状態
  • マルチボディ部品
  • リブ
  • フィーチャーのスコープ
  • 質量特性
  • 面の移動/削除
  • 材料
  • 拘束条件
  • 構成部品の追加 - 新規部品および既存部品
  • 標準合致と詳細設定合致
  • 参照ジオメトリ – 平面、軸、合致参照
  • 前後関係フィーチャー
  • 干渉検知
  • 抑制状態
  • 構成部品の移動/回転
  • アセンブリ フィーチャー
  • アセンブリ内の衝突検知
  • 外部参照
  • 設計テーブル
  • 寸法とモデル アイテム

再受験の条件

CSWPセグメント試験を再受験するには、少なくとも14日間の待機期間が必要です。また、そのCSWPセグメント試験のクレジットは、再受験ごとに購入する必要があります。

試験を受ける  サンプルCSWP試験(PDF)