製造ERPの8つの基本的な価値提案

ERPは基本的に、データを自動的に取得して情報を整理することで、メーカーのビジネスの日常業務にベスト プラクティスを組み込む(また、非常に重要なことですが、ベスト プラクティスを実施する)ためのツールです。その際に、ERPは、利益を生む予測可能なビジネス戦略を実行するための情報とツールを組織が提供できるように支援します。

製造環境におけるERPの8つの重要な価値推進要因と、それがどのようにして以下の事項を実現するかをご確認ください。

  • 製造業務の収益性を大幅に向上させる
  • 在庫、人件費、および財務コストを大幅に削減する
  • メーカーが既存の能力でより多くの完成品を作成できるようにする
  • 見積もりの正確性、スケジュールどおりの納品、再注文を確実にする