FEAに対する誤解がメーカーのコスト増を招く

当初の有限要素解析(FEA)パッケージは、複雑で、操作が面倒であり、直感性に欠けていました。現在のFEAは、統合が進み、使いやすくなりましたが、当初の先入観はしぶとく残っています。

多くの企業はFEAについて、使いこなすのが困難で、博士号レベルの教育水準が必要であり、製品開発のスローダウンを招くといまだに考えています。こうした誤解が、ビジネスの成長を促進して維持する技術革新、俊敏性、生産性、柔軟性、利益の拡大を妨げる結果になっています。

この記事では、旧態然としたFEAの先入観を捨てて、SOLIDWORKSとSIMULIAによる統合型シミュレーション ツールを活用すべき理由について解説します。現代のシミュレーション ツールは次のようなメリットをもたらします。

  • 革新的かつ高品質で不具合のない製品を競合他社より短納期・低コストで市場に投入できる。
  • 物理的な試作品を何度も製作する代わりに、ソフトウェア内で設計概念を検証・反復できる。
  • 積層造形などの新たな製造手法の実現可能性を検証できる。
  • 統合型ツールを使用すると、品質を損なうことなく時間とコストを節約できる。

この記事を読み、FEAに対する誤解を解いて、Litens Automotiveなどの他社がSOLIDWORKS Simulationによって時間と試作品コストをどのように大幅に節約しているかご確認ください。

特集記事のダウンロード

ステップ 1/2 お客様の情報