IoTが醸造業界に及ぼす影響

醸造は科学であり、芸術でもあります。つまり、IoTのメリットを享受できる大きな可能性があります。醸造者は、クラフト ビール カクテルのレシピを紹介するアプリのダウンロードと利用を消費者に促すために、IoTを瓶のパッケージに組み込むことを考えるかもしれません。あるいは、このテクノロジーを使用して、重要な温度データを醸造の責任者に送信し、意思決定のための包括的で有効な情報を すばやく得る可能性もあります。業界がどの方向に進もうとも、IoTがより良いビールの醸造のために使用されるということは断言できます。

こちらの記事を読み、醸造家、流通業者、器具メーカーが、クラフト ビール革命を実現する3次元設計ツールをどのように使用しているのかをご確認ください。

特集記事のダウンロード

ステップ 1/2 お客様の情報