Simulationの活用方法を7分で学ぶ

SOLIDWORKS® Simulationで何ができるのでしょうか?7分間で、コストの削減、「what-if」シナリオの検証、試作品数の低減、設計サイクルの短縮、製品の故障とリコールの低減を達成する方法を学びましょう。SOLIDWORKS SimulationのUIは設計者に合わせて設定されているため、すぐに習得して使いこなすことができます。そのため、専門家に限定されていた数値解析をあらゆる設計者が利用できるようになり、製品の改善に役立てることができます。

この7分間のビデオでは、SOLIDWORKS Simulation Standardで利用できるモジュールについて学ぶことができます。

  • 静的:線形弾性応力変位解析による強度設計
  • 傾向トラッカー:1回のスタディで設計における複数の反復部分を解析
  • 疲労:寿命と耐久性を考慮して設計することで、設計の全体的な寿命を把握
  • 時間ベースの機構:可動アセンブリの剛体キネマティクスのスタディ
  • モーション + 静解析:モーション解析中に部品の応力解析を実行

ビデオを見て、Simulationで製品開発プロセスを改善する方法を7分で学びましょう。

Watch the video

ステップ 1/2 お客様の情報