シミュレーションへのステップ アップ第2章:複雑なエンジニアリング課題の克服

製品の複雑化が進む現在、設計者とエンジニアは、優れた製品を短期間で生産しなければならないという、日々高まるプレッシャーにさらされています。設計した製品がユーザーの環境でどのように機能するのかを把握できれば、製品がどれほど複雑でも安心して設計を進められます。物理的な試作品で性能を評価するまで待つ必要はありません。製品を最適化する最善の方法は、仮想試作品でテストしながら設計を進めることです。

このeブック シリーズの第2章をダウンロードし、仮想試作品を使用して、CADワークフロー内で非線形、動的荷重、複合材を含む最も複雑なマルチフィジックスのエンジニアリング課題を解決する方法をご確認ください。