とっておきのヒント:小さな企業に最適なラピッド プロトタイピング

従来、設計の初期段階では、実際の環境で使うときの外観や人間工学、適合性、性能をテストするために3次元のソリッド ボディを考慮した試作品が用いられてきました。ところが製品設計サイクルが短くなるにつれて、試作品作成技術で作られた部品は、それ以前からある製造方法で作られた部品の代わりに使用されることが多くなっています。

本書では、ラピッド プロトタイピング技術を貴社の製品開発サイクルに組み込む際に役立つヒントをいくつかご紹介します。

特集記事のダウンロード

ステップ 1/2 お客様の情報