SOLIDWORKS 2020の新機能 - CAMプローブ

公差が小さく処理の難しいフィーチャーを製造する際に、座標系の再設定が必要になります。 プローブ操作を使って、その適用対象に応じた機械による製造の精度が最も高くなるように、ツールパス座標を再設定できます。 プローブが新たに搭載されたSOLIDWORKS CAM Professionalなら、後処理でこうした操作を手作業で追加するのに比べて、ツールパス生成設定に費やす時間を節約することができます。

シェア