SOLIDWORKS SIMULATION 2020の新機能 - 分布結合

設計において、ボルト結合やピン結合は広く使われています。SOLIDWORKS SIMULATION 2020では、この方法で結合された構成部品の分析に新しいオプションが加わりました。 SIMULIAの技術を活用してさらに緻密になった分布結合オプションを使うと、これらの結合タイプで結合した構成部品間の荷重分布を計算することができます。 このオプションにより、結合を通じた応力分布の精度が上がり、ボルトとナットの頭部に応力が集中しないようにすることができます。 最終的に、シミュレーションで得られる応力結果の精度が上がります。 また、SOLIDWORKS SIMULATION 2020では単一メッシュ内でドラフト要素と高品質要素の両方をサポートするようになりました。 これにより、シミュレーション スタディのスピードが劇的に向上し、目的の精度の結果が得られます。

シェア