1. SOLIDWORKS
  2. SOLIDWORKS 2024の新機能
SOLIDWORKS LiveでSOLIDWORKS 2024の機能強化の詳細を確認する 配信日付を確認する
102 minutes

創業当時から、SOLIDWORKS®は、すべての設計者とエンジニアにとって設計が身近になるようにと最前線で取り組んできました。当社の任務は、パワフルながらも使いやすい製品開発ソリューションにより、ユーザーが革新的な製品体験を創造、コラボレーション、提供できる環境を届けることです。SOLIDWORKS 2024は、この期待に引き続き応えつつ、SOLIDWORKSを使用した3次元での設計、3次元設計の意思疎通、管理を強化するための新たな可能性を切り開く製品です。作業の効率化。作業の迅速化。SOLIDWORKS 2024で共同作業。

 

驚きのないものには決して満足しない

驚きを与えることに力を入れたことにより、Bowhead社は一企業からアダプティブ モビリティ運動を担う存在へと一挙に飛躍しました。このような飛躍を遂げるために、創業者兼CTOのChristian Bagg氏はあらゆるツールを自在に駆使しており、SOLIDWORKSはBowhead社の創業初日から頼れるソリューションであり続けています。同社の成長とともにSOLIDWORKSの役割も広がり、設計、生産からカスタマー サービスや経営に至るまで、Bowhead社のあらゆる側面で役割を担っています。パワフルなSOLIDWORKS 3D CADと、3DEXPERIENCEプラットフォーム上のクラウドベースのデータ管理およびコラボレーション テクノロジーの組み合わせにより、Bowhead社がいかにして驚異的な成果を達成しているのかをご覧ください。

SOLIDWORKS 2024の設計面の主要機能強化を確認する

eブック:SOLIDWORKS 2024の機能強化

SOLIDWORKS 2024は、コンセプトから製造までの製品開発プロセスの合理化と迅速化を実現します。お客様の要望に基づく最新の機能強化の内容を確かめるとともに、Cloud Servicesの新しい機能が、クラウドベースでの3次元データの共有、マークアップ、データ ストレージ、設計レビュー、コラボレーション機能によって設計の手間を減少させる仕組みについてご確認ください。

砂漠に置かれたBowhead社のアダプティブeバイク - SOLIDWORKS 2024の新機能

価格の詳細を確認する 価格に関するお問い合わせ

複雑なジオメトリや有機的な形状を作る

複雑なジオメトリや有機的な形状を設計に採り入れようとしても、難しく、思うように作業が進まなくなりがちです。モデルの再作成、壊れたジオメトリの修正、古いファイルでの作業、フィードバックの遅延といった困難さは、よくある課題の一部にすぎません。しかし、SOLIDWORKSの設計ツールなら、そのような課題を解決することができます。Sub-Dモデリングを用いて複雑なジオメトリや有機的な形状を作成する方法をご紹介します

有機的な形状を備えた3次元モデル - SOLIDWORKS 2024

SOLIDWORKSに対応したCloud Servicesの詳細を見る

eブック:設計に集中できる環境を取り戻す3つの方法

3次元設計の共有、モデルの安全な保管、データ管理の強化など、Cloud Servicesはファイル管理や設計の共有に伴う日々の煩わしさを解消します。SOLIDWORKSとCloud Servicesが実現する手軽で簡単な設計手法により、イノベーションのための時間を増やせるようになります。

デスク上の設計ツール - SOLIDWORKS Cloud Services

価格の詳細を確認する 価格に関するお問い合わせ

SOLIDWORKS製品開発ソリューションの詳細を確認する

分断されたツールをビジネスに使用した場合のコストとは?

トップ企業は、分断されたベスト オブ ブリードのアプローチをやめ、統合プラットフォームのデジタル トランスフォーメーション戦略を採用することで大きな成功を収めています。187名の業界担当者を対象としたこのTech-Clarity調査レポートによると、チームを単一のプラットフォームを介して連携できるようにすることが、分断されたツールの課題を克服するためのベスト プラクティスであることが判明しています

さまざまな場所で勤務中の従業員 - SOLIDWORKS 2024

2023年にリリースされた機能に関心をお持ちですか?

SOLIDWORKS 2024のご紹介

SOLIDWORKS 2024

生産性を向上。設計にフォーカス。世界を広げる。製品開発能力を最大化。SOLIDWORKSで、作業の効率化、迅速化、共同作業を実現。