エムケー精工株式会社

洗車機をより魅力的に、長年の3次元推進 の成果が鮮やかに実る

課題

エムケー精工社内の各事業部の設計・製造の各現 場では、ソフトウェアをそれぞれで採用し、デー タ連携に課題が発生し、作業やコミュニケーショ ン面で非効率な点が目立っていた。製品のライン アップや機能モジュールが多岐にわたる洗車機に おいて、2次元CADと紙図面での運用のみでは設 計の管理に無理が生じ始めていた。設計者は派生 機の流用設計に追われ、設計品質向上への取り組 みが十分に行えなかった。

まとめ

まずSOLIDWORKSによる3次元設計を導入。2次元 CADメインから3次元CADメインでの設計へシフ トさせた。その次の段階で、SOLIDWORKS PDMで 取り組み、設計データ一元化とペーパレスの取り 組みを本格的に開始した。さらに「SOLIDWORKS Simulation」、「SOLIDWORKS Composer」、 「SOLIDWORKS Visualize」、など、SOLIDWORKS ファミリー製品をフル活用しながら、企画から設 計、製造、保守まで、トータルでの効率化を狙 う。

結果

SOLIDWORKSによる3次元設計の浸透と、PDMに よる設計データの一元管理を実現し、マスカス タマイズ設計の効率化およびチーム設計を実現し た。従来約1カ月かかった試作は、現在は最短で 中1日で行える。設計業務が大幅に効率化された ことにより、創造性ある設計作業に時間を割くこ とが可能になり、その結果として個性的かつ魅力 ある新製品の実現へとつながった。