北海道函館工業高校

自由な発想を生かして、創造的ものづくりを実現する

課題
  • ものづくりの授業は行っていたが、CAD、CAM、マシニングセンターを個別に教えていたため、モデリングから製作までがつながっていなかった。
  • 生徒の自由な発想に基づいたモデリングができる環境を整えたい。
  • ロボット製作のスケジュール管理を行い、完成度を高めたい。
まとめ
  • CADと3Dプリンター、マシニングセンターをつなげて、データによるものづくりを可能にする。
  • SOLIDWORKSを導入し、ゲーム感覚でモデリングし、3Dプリンターで製作できる環境を整える。
  • 3DEXPERIENCEでスケジュールを共有する。
結果
  • 1年生であっても自由な発想でモデリングが可能になった。
  • 複雑な機械加工を要するロボットのパーツをSOLIDWORKSと3Dプリンターで製作できるようになった。
  • 3DEXPERIENCEのProject Planningを使用し、作業の分担や進捗が容易に把握できるようになった。