気候変動を改善する新しいロボットの開発期間を短縮

NASKAは、3DEXPERIENCEプラットフォームで3D Sculptorと3D Creatorを使用することにより、社内チームが求める工業設計、機械設計、ライフサイクル管理のニーズに対応できました。詳細をご覧ください

課題
  • COVID-19のパンデミックがもたらす市場機会に対応するため、ツール、電話機、タブレットなどの一般的な携帯機器を殺菌する紫外線殺菌テクノロジーを迅速に開発し商品化すること。
  • 石の塀で炭素を回収するシステムを構築、維持し、さらに他の農作業にも使えるロボット式ロック ファーミング システムを開発すること。
まとめ

クラウドベースの3DEXPERIENCE®製品開発プラットフォームで機能する工業設計、機械設計、製品ライフサイクル管理のソリューションとして、SOLIDWORKS 3D Sculptor(xShapeアプリを含む)、SOLIDWORKS® 3D Creator(xDesignアプリを含む)、ENOVIA® Collaborative Industry Innovator(Lifecycleアプリを含む)を採用。

結果
  • デュアル ロボット式ロック ファーミング システムの研究開発をクラウドで実施
  • パンデミックによるロックダウン下においても ロボット開発を継続
  • ロボット式ロック ファーミング  システムの開発 を加速
  • 開発コストを大幅に削減